NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー、ソフトバンクモバイル、イー・アクセスの5社は、SMS(ショートメッセージサービス)を各社ユーザー間でやり取りできるようにする、事業者間接続を7月13日より開始する。  SMSは、短い文章をやり取りできるサービス。海外では多く利用されているものの、これまで日本では、メールサービスが普及していたこともあり、利用頻度はあまり高くはなく、やり取りできる相手も同じ携帯電話会社のみとなっていた。仕組みとしては、メールサービスがパケット通信で送受信するのに対し、SMSは基本的に、音声通話と同じく回線交換を用いている。  事業者間接続の開始にあたり、各社からSMSの料金体系などについて発表も行われている。なお、SMSの迷惑メールが発生すると、受信ユーザーからの申告情報は、各携帯電話会社とMVNO(仮想移動体通信事業者、携帯各社のネットワークを借り受けてサービス提供する事業者)に通知されることがある。 ■ ドコモ  NTTドコモでは、7月13日よりSMS送信料を改定する。これまでは送達通知なしで1通5.25円、送達通知ありで1通7.35円だったが、改定後は1通3.15円となる。SMSの送信料は無料通信分に含まれるが、パケット定額・割引サービスの対象には含まれない。ファミリー割引の対象にも含まれない。  これは同社ユーザー宛だけではなく、他社ユーザー宛でも同じ。受信は無料。海外宛の国際SMSについては、従来と同じく、送信料が1通50円、受信は無料となる。端末上での使い勝手は従来と変化はなく、電話番号を宛先にして送信することになる。国際ローミング中は、送信が1通100円、受信が無料。  SMS送信料の改定や事業者間接続にあたり、端末のソフトウェアアップデートは行われない。迷惑SMS対策として、これまで大量送信者の制限、SMS一括拒否の設定が提供されていたが、新たに「国内他事業者を拒否する設定」「個別番号を拒否する設定」が用意される。

 

日本では、NTTドコモmovaのショートメール、FOMAのSMS、ソフトバンクモバイル(旧ボーダフォン日本法人)・ツーカーのスカイメール、SoftBank 3G(旧Vodafone 3G)のSMS、au(KDDI・沖縄セルラー電話)のCメール、ウィルコム(旧DDIポケット)のPメール・ライトメールがある。過去に提供されていたサービスに、ドコモPHSのきゃらトーク・きゃらメール、アステルのAメール、日本移動通信(IDO、その後のau関東・中部地域)のPDCサービスで提供されていたプチメール、DDIセルラー(その後のau関西地域など)PDCサービスのセルラー文字サービス、たのしメールがあった。 日本では第二世代携帯電話の時代には、NTTドコモ・グループ/デジタルフォン・グループ/ツーカーフォン・グループの「PDC」、IDO/セルラーフォン・グループのCDMA、およびPHSと規格が並立した。このうち、IDO/セルラーフォン・グループのCDMAは世界仕様であり、本来SMSでの国外とのやりとりは問題なかった。しかし、ユーザーが第一に求める国内・他事業者のユーザーとのメッセージ交換ができず、SMSの最大の利点である「電話番号のみでのテキスト交換」は失われた。このため、国内での事業者をまたぐメッセージ伝達手段としては、NTTドコモのiモードメールやau並びにツーカー(2008年3月末を以って終了)のEZwebなどの、いわゆるキャリアメールが普及し、SMSは積極的に利用されなくなった。第三世代携帯電話規格への移行後も、SoftBank 3GやFOMAがW-CDMA方式を採用したが、日本国内では事業者間を跨いでメッセージの送受信が出来なかった(両社とも国際SMSの提供はしている)。 また、日本国内の複数の業者(サードパーティ)が、国際SMSとキャリア固有のメールアドレスを相互に変換するサービスを提供しており、これによりPDC、W-CDMA、CDMA2000、PHSを問わず国際SMSの送受信が可能となる。 2011年6月1日、NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクモバイル、イー・アクセスの5社がそれぞれ提供しているSMSサービスにおいて、2011年7月13日より相互接続が開始される事が発表され、実施された。これは、海外に遅れること約10年にしての達成である。

SMS送信要求管理機能 WEBサーバーでSMSの送信要求(SSL通信、POSTメソッド)を受け付けます。 以下のパラメーターをWEBサーバーへ送信することによりSMS送信要求を受け付けます。 携帯電話番号 "090","080"から始まる11桁の半角数字(発信者番号通知などにより、正確に取得した番号を用いて下さい。) 携帯キャリア種別コード (キャリアID) docomo、softbank、au メッセージ本文 docomo・softbankは70文字(半角・全角)、auは100バイトまでの文字列 ※事前に定型文として登録し、送信時に呼び出すこともできます。 利用者承諾時刻 携帯利用者がSMS受信の承諾をした時刻(年月日時刻(秒)) SMS送信機能 「SMS送信要求管理機能」により、受け付けた送信要求について、送信先携帯電話事業者(NTTドコモ、au、ソフトバンク)へSMSを送信します。

世界中の携帯電話に国際SMSを送信できるクラウド型のSMSゲートウェイです。 WingSMSを使用すれば、あなたのサービスに国際SMSを送信する機能を追加できます。 HTTPのAPIを使用して送信できますので、一括送信なども手軽に実現できます。 国際SMSとは? 国際SMSは、海外の携帯電話にショートメッセージを送信できるサービスです。 海外の携帯電話には、日本の携帯電話のように電子メールを送受信する機能がありません。 海外の携帯電話にメッセージを送信したい場合は、国際SMSを利用するしかありません。 日本の携帯電話会社では、NTT DocomoとSoftbankが国際SMSに対応していますが、NTT Docomoは50円/1通、Sofotbankは100円/1通と、高めの料金設定ですし、携帯電話を使用して送信することしかできません。 WingSMSを使用すれば、8円/1通という断然お安い料金で、あなたのサービスに国際SMSを送信する機能を追加できます。